サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Buddhist Tradition of Samatha: Methods for Refining and Examining Consciousness
著者 Wallace, B. Alan
掲載誌 Journal of Consciousness Studies
巻号v.6 n.2-3
出版年月日1999
ページ175 - 187
出版者The College of Religious Studies, Mahidol University
出版サイト http://www.crs.mahidol.ac.th/WebCRS_English/indexEnglish.htm
出版地Thailand [泰國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードConsciousness States; Meditation; Samatha; Self Perception; Wallace, B. Alan; 佛教人物=Buddhist
抄録This essay points out the limitations of purely extraspective,objective research for examining the nature of subjective phenomena, particularly consciousness itself,and argues that first-person investigation of consciousness is optimally based upon a prior refinement of attentional stability and vividness, as practiced by Buddhist contemplatives. The cultivation of mindfulness and introspection in this tradition is discussed in relation to various Buddhist techniques for training of the attention. The stages of attentional development up to the accomplishment of "samatha",or meditative quiescence,are then explained,as are the purported state- and trait-effects of this discipline. Such training may form the basis of a "contemplative science" that could well complement cognitive scientific research into the nature of consciousness.
ISSN13558250
ヒット数364
作成日2001.06.14
更新日期2016.09.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
340128

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ