サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
美國的中國佛教研究=The Studies of Chinese Buddhism in America Nowadays
著者 李四龍 (著)=Li, Si-long (au.)
掲載誌 北京大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Peking University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号v.41 n.2 (總號=n.222)
出版年月日2004.03
ページ126 - 132
出版者北京大學出版社
出版サイト http://www.pku.edu.cn/ 或 www.pku.edu.cn/academic/xbss
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為北京大學哲學系、宗教學系講師,哲學博士
キーワード美國=America; 中國佛教=Chinese Buddhism; 佛教宗派=Buddhist Schools
抄録 美國目前是西方佛教研究的學術中心,他們的研究成果對我們中國學者不無裨益。在中國佛教領域,他們與中國學者一樣,偏重於北宋以前的佛教史,特别是以禪宗為主的隋唐佛教宗派。而對宋元明清的佛教史,他們則引入社會史、人類學等方法,特别是在明末清初、近現代中國佛教史研究方面,出現了較具啟發意義的新視野。本文還關注美國學者在「佛教中國化」、「儒釋道三教關係」等問題上的研究。

The USA is the center for Buddhist studies in western countries at present, and Chinese Buddhist scholars would benefit from the scholarship of American colleagues. In the field of Chinese Buddhism, most of American scholars show great interest in the history of pre-song dynasties, particularly in Chinese Buddhist schools centered by Zen Buddhism, just as their Chinese colleagues. As for the post-song dynasties, i .e. Song, Yuan, Ming and Qing dynasties, they introduce various methods from social science, such as social history and anthropology, and new perspectives for further Buddhist studies take place especially in their studies of late Ming and early Qing, and modern history of Chinese Buddhism. This paper still pays attention to their studies on such problems as "Signification of Buddhism" and "Relationship between Confucianism, Buddhism and Taoism."
目次一、「佛教中國化」問題 126
二、佛教宗派研究 127
三、北宋以後佛教史研究 130
四、儒釋道三教關係及其他 131
ISSN02575876 10005919 (P); 10005919 (E)
ヒット数173
作成日2004.03.18
更新日期2019.08.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
340396

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ