サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪宗宗派源流
著者 何明棟 ; 何雲 ; 徐孫銘 ; 張文良 ; 溫金玉 (著)=Wen, Jin-yu (au.) ; 吳立民
出版年月日1998.08
ページ734
出版者中國社會科學出版社=China Social Sciences Press
出版サイト http://www.csspw.com.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート國家八五規劃社會科學研究項目
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism=Chan Buddhism=Son Buddhism; 中國佛教史=Chinese Buddhist History
抄録本書為中國佛教文化研究所承擔的國家社科研究基金項目之一,對中國佛教禪宗各宗派,按禪宗之源,達摩至慧能。南北分燈,一花五葉及近代傳承(包括圓瑛、太虛、虛雲、來果、正果、明真、印順)的順序,以般若為紅線進行貫穿,是國內外近年來系統研究禪史的著作中,別具特色的一部力作。
本書的一個特點,是以般若為紅線,貫穿六個統一,即五味禪與一味禪的統一、經教與實證的統一、轉識成智與即心即佛的統一、實相與文字的統一、圓融諸宗與保持本宗特色的統一、成佛與做人的統一。般若,即佛家所說的人人皆具成佛本性的無上智慧。般若空觀把五蘊世界視為不空而空,空而不空,真空妙有的存在物。作者認為:一部禪史,不是史料的堆砌,也不是人們主觀的編排,而是有其內在發展邏輯。中國禪宗宗派發展源流史,就是禪宗祖師以般若空觀這根紅線貫穿始終,正確處理傳統與創新。宗門與教下、南北頓漸、顯乘密乘、世間與出世間,種種複雜矛盾,堅持理論與實際相結合,邏輯與歷史相統一的宗教發展史。如此來概括,梳理禪史,未必人們都贊同,但在國內外確實是新的嘗試.。
本書在學術上有獨到見解,研究方法有新的開拓。作者不滿足於禪宗如何變化,還試圖探究為何有此變化,富於歷史性的思考,成為本書的一大特色。對雍正皇帝悟禪,作者將雍正個人證悟,當作一種宗教現象來寫,而不是像一些著作那樣,停留在統治者如何利用宗教的層面上。最後,本書在資料的薈集、鑒別、整理上有新的突破,一般的禪史僅寫到清代止,該書則把下限拉到近現代,從廣大的範圍勾勒禪宗的全貌。
ISBN7500422830
ヒット数987
作成日1999.11.30
更新日期2014.02.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
340767

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ