サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中印石窟寺比較研究:以塔廟窟為中心
著者 李崇峰
出版年月日2003
ページ325
出版者法源寺; 覺風佛教藝術文化基金會
出版地新竹市, 臺灣 [Hsinchu shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート彩圖75頁‧菊8開平裝
キーワード石窟; 佛像; 佛教藝術=Buddhist Art; 中國佛教史=Chinese Buddhist History; 印度佛教史=Indian Buddhist History;
抄録本文對深入探討中印兩國各民族,友好往還和文化交流,具有重要意義。它對中印佛教史、東方藝術史、中印建築史、中印文化交流史,和中西交通史等的研究,提供具體的材料。是中國與南亞地區,和國家關係的研究,亦具有重要的現代價值。
ヒット数122
作成日2004.03.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
340863

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ