サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
從南天烏荼王進獻的《華嚴經》說起--南天及南海的《華嚴經》佛王傳統與密教觀音佛王傳統=The Orissa Redaction of the Gandavyuha: The Avalokitesvara and Avatamsaka Buddharaja Traditions of South India and Southeast Asia
著者 古正美 (撰)=Ku, Cheng-mei (compose)
掲載誌 佛學研究中心學報=Journal of the Center for Buddhist Studies
巻号n.5
出版年月日2000.07
ページ159 - 201
出版者國立臺灣大學佛學研究中心=The Center for Buddhist Studies, National Taiwan University
出版サイト http://homepage.ntu.edu.tw/~ntucbs/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:新加坡國立大學
キーワード華嚴經=大方廣佛華嚴經; 不空羂索觀音; 佛王; 金剛乘; 意識型態; 密教
抄録筆者於本文中申釋了南印度烏荼國王進獻給唐德宗的烏荼版《華嚴經》,係在觀音佛王傳統的影響下於烏荼國所集結而成的。觀音佛王傳統,亦即不空羂索觀音佛王傳統,是由南印度的金剛乘學派於六世紀末葉所建立的。為解釋烏荼版《華嚴經》的集結背景,筆者同時也描述了七世紀後《華嚴經》及觀音佛王傳統在中國及南海的發展與傳播。
目次序言 161
烏荼《華嚴經》的進獻者及烏荼佛教 164
七、八世紀南天密教金剛頂的發展概況 166
不空羂索觀音佛王傳統 (the Amoghāpasa Buddharāja tradition) 的信仰基礎 168
不空羂索觀音佛王傳統與南天的天王信仰 172
不空羂索觀音的「聖山」補陀洛迦山 173
不空羂索的佛王傳統及佛王造像 175
南海諸國七世紀後發展不空羂索觀音佛王傳統的情形 177
烏荼王所進獻的《華嚴經》版本 181
《華嚴經.入法界品》的出經地點 183
第五世紀後中印度《華嚴經》的傳播情形 186
《華嚴經》佛王傳統的發展特徵 190
南海之《華嚴經》彌勒佛王造像 191
烏荼版《入法界品》的特色 195
結論 197
ISSN10271112 (P)
研究種類文獻資料; 佛教圖像
研究年代唐代
研究地域中國
ヒット数2059
作成日2000.07.13; 2002.03.05
更新日期2017.06.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
343561

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ