サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《大智度論》略譯初探=A Preliminary Study of the Abbreviated Translation of the Da Zhidu Lun
著者 周伯戡 (著)=Zhou, Bo-kan (au.)
掲載誌 中華佛學學報=Chung-Hwa Buddhist Journal=The Journal of Chinese Buddhist Studies
巻号n.13.1
出版年月日2000.05
ページ155 - 165
出版者中華佛學研究所=The Chung-Hwa Institute of Buddhist Studies
出版サイト http://chinesebuddhiststudies.org/
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese; 英文=English
ノートn.13.1為第13期卷上‧中文篇
キーワード大智度論=Da Zhidu Lun; 鳩摩羅什=Kumarajiva; 文本=Literary Content; 般若經=Prajna-Paramita Sutra
抄録此文藉著比較《大品》和《放光》,《光讚》的翻譯,並對
照《大智度論》的解釋,推測中文(大智度論)文本形成的
情形,它是當時討論般若思想的文證. 因此作者認為《大
智度論》出現的意義不是是否它為龍樹所作,而是它在中
國佛教發展上的地位,它矯正先前般若諸說的錯誤,奠定
大乘佛教在中國發展的基礎.

Summary
This paper compares the translations of Maha
Prajna-paramita Sutra, Illuminating Prajna-paramita
Sutra and Light Ode Prajna-paramita Sutra with that
of Da zhidu lun and from that deduces the environment
in which Da zhidu lun was formed. It was the
documentation of the evidence used while discussing
prajna wisdom during that time period. This writer
believes that what is meaningful about Da zhidu lun is
not whether or not it was written by Nagarjuna but
rather the place it had in the development of Chinese
Buddhism. It corrects many of the misconceptions
about prajna wisdom and therefore became the solid
foundation on which Mahayana Buddhism developed in China.

目次一. 新舊經文中譯文的差異
二. 關鍵性專有名詞之譯文的差異
三. 結論
ISSN10177132 (P)
ヒット数1113
作成日2000.07.21
更新日期2017.06.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
343580

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ