サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Sense-Reference Distinction in Indian Philosophy of Language
著者 Siderits, Mark
掲載誌 Synthese: An International Journal for Epistemology, Methodology and Philosophy of Science
巻号v.69
出版年月日1986
ページ81 - 106
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードIndian Epistemology;Language;Siderits, Mark;
抄録It is argued that certain classical Indian philosophers were forced to recognize something sense-like as a component of meaning. The Buddhist nominalists were familiar with the informativeness objection,and responded by positing senses (of an austere kind) for singular terms. The Prabhakara Mimamsakas, in constructing a theory of sentence comprehension that is sensitive to the context principle,posited two distinct components to the meanings of predicate expressions. The result is an apparent vindication of Frege's basic claim that both singular terms and predicate expressions have both sense and reference.
ISSN00397857
ヒット数304
作成日2001.01.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
346588

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ