サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
坐禪產生之意識安定與情緒智力之關係研究
著者 吳水丕 ; 林佳慧
掲載誌 生命教育與終身學習研討會論文集
出版年月日2002.01.06
ページ67 - 82
出版者中華民國原始生活教育學會
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード坐禪; 情緒智力; 情緒管理; 人際關係; 意識; Meditation; Emotional Intelligence; Emotional Management; Interpersonal Relationship; Consciousness
抄録本研究旨在探討坐禪產生之意識安定與情緒智力之關係研究。首先,本研究根據情緒智力與意識安定的理論架構,先設計情緒智力量表與意識安定量表為研究工具。以問卷調查的方式進行研究,有效回收185份樣本,以自省式問卷測量其坐禪前後的資料。吾人將資料收集後,結果發現:(1)人口變項與坐禪者禪修前 EQ及意識安定的關係:為年齡較高者的自我情緒控制能力有較高的現象。擔任不同職務對認知他人情緒方面以中階主管分數最高,其次為高階主管;且高中階主管較具備同理心,而職務高者的總EQ有較高的傾向。(2)人口變項與坐禪者禪修後EQ的關係:不同工作類別對同理心方面,以從事製造者最好;不同工作類別對人際關係的管理,以從事商業者最好;有宗教信仰者其認知他人的情緒會比較高。(3)人口變項與禪修前後EQ差異值的關係:男性在對同理心、人際關係的管理上比女性好;而有宗教信仰者比較容易察覺自身情緒。(4)情緒智力與意識安定之相關分析,全量表則高達0. 8以上,顯見意識安定愈高則EQ的分數也愈高。
ヒット数227
作成日2003.10.17
更新日期2015.06.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
347988

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ