サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教史入門=仏教史入門
著者 塚本啓祥 (著)=Tsukamoto, Keisho (au.) ; 劉欣如
出版年月日1998.10.15
ページ196
出版者大展出版社
出版サイト http://www.dah-jaan.com.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
シリーズ心靈雅集
シリーズナンバー58
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード佛教史=Buddhist History
抄録自從釋尊在印度創立佛教以來,歷經兩千又好幾百年,佛教傳到廣大的亞洲地區,跟當地社會與文化形成錯縱複雜的關係,致使那裡的精神文化也呈現各種模式。因此,若要將佛教規定在一個範疇內來探討,幾手是不可能的事。不過,我們所要理解的佛教,無疑是傳到日本後,紮根於日本土壤下,而生長出來的日本佛教才是根本課題。

各派宗祖所說的教理,都變成日本佛教諸宗諸派的本質理念,至今依舊傳承下來,而他們到底怎樣適應在現代社會,具非具體化不可呢?這的確是應該問的課題。過去諸位宗祖站在各自的立場回到釋尊的本懷來答覆這個問題,而開創了新宗派。因此,為要發現佛教處於現代社會的新適應及方法,就要回到佛教起源,須從兩千又好幾百年的佛教史脈動中求其可能原理。

本書目的是為了一般學生,而不是以專習佛教的人為對象。為了要使他們明白佛教的基本立場,便以印度佛教--即初期佛教,部派佛教和大乘佛教為骨幹,從政治、社會、經濟和文化等角度來敘述它們的背景或歷史基礎;這樣,就能明白掌握到這些佛教所以能形成的必然因素。同時論述些佛教的支挫者--教團的實態及其基本思考的變遷。最後一章附加「現代社會與佛教」,旨在敘述自己的管見--佛教在現代社會的展望。
ISBN9575578198 (平)
ヒット数189
作成日2000.04.10
更新日期2013.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
349613

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ