サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
理論興趣的衰退--八至十世紀中國佛教的轉型之一=Decline in the Theoretical Interest--One of Transformations of Chinese Buddhism from the 8th to the 10th Century
著者 葛兆光 (著)=Ge, Zhao-guang (au.)
掲載誌 世界宗教研究=Studies in World Religions
巻号n.1
出版年月日2001
ページ35 - 47
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート網路資源:http://xjjp.cass.net.cn/s13_zjs/magazine/yanjiumulu.htm
キーワード中國佛教史=Chinese Buddhist History
抄録通過對7~8世紀歷史背景的變化分析,指出貴族知識階層的瓦解,與重視實用的普通知識階層的興起,八世紀中葉後,普遍戰亂作為理論中心的大寺院的衰敗,使得需要互相砥礪論辯,才能釐清的理論分析,需要從容地埋頭運算,才能進行敘述的純粹理論,都成了不合時宜的奢侈。因而八世紀中葉以後,依靠譯經、講經、論辯、造疏,維持的佛教理論興趣,在逐漸衰退。這種衰退,一方面使南北朝以來的,崇尚義學的風氣,漸漸消解,而對自我體驗式的信仰興趣漸漸滋長;一方面使人們對佛教中,放縱散漫的風氣,有了警覺,而恪守戒律的高尚行為,又成為士人們追求的理想,於是導致了重視宗教實踐性的禪、律,在中唐時代的興盛。其結果是:可能在某種程度上,傷害了古代中國人對抽象世界的把握能力,和哲理語言的創造能力,同樣來自佛教的,對智慧的推崇和對知識的蔑視,延續了古代中國的舊傳統,又構成了古代中國的新傳統,這種傳統延續的後果,是很深刻和深遠的。
ISSN10004289 (P); 10004289 (E)
ヒット数211
作成日2001.10.15
更新日期2019.09.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
350363

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ