サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
1970年以來吐魯番敦煌回鶻文宗教文獻的整理與研究=Editions and Studies of Uigur Texts from Turfan and Dunhuang since 1970
著者 茨默 ; 楊富學
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.2 (總號=n.64)
出版年月日2000.05
ページ168 - 178
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者簡介:茨默(P.Zieme,1942-), 德國人, 1965年畢業於柏林洪堡大學, 現為德國科學院研究員, 著有 《回鶻文佛教頭韻詩》; 《吐魯番敦煌出土的回鶻文佛教頭韻文書:古突厥詩研究》; 《突厥語摩尼教文獻》; 《回鶻文傅大士頌金剛經殘卷》; 《回鶻文度亡書》; 《回鶻語觀無量壽經》 等多種專著
キーワード敦煌; 吐魯番; 回鶻文; 宗教文獻; 茨默; 楊富學
抄録本世紀初,德國先後向新疆派遣了四次探險隊,於吐魯番等地發現了大批出自敦煌,吐魯番等地的古代遺物,其中有不少回鶻文文獻. 此外,俄,英,法,日本及中國也有大批回鶻文文獻入藏,引起了各國學者的關注,湧現出大批研究成果,本文針對與宗教 (包括佛教,摩尼教,景教) 有關的研究成果進行了系統的總結,回顧.

From 1902 to 1914, altogether four times Prussian expedition worked great success in Turfan and surrounding areas. Abundant Uigur texts were sent to Berlin and form one of the major groups of the Turfan Collection of the Academy of Sciences of the GDR. Other collections of Uigur texts for Turfan and Dunhuang are in museums, libraries or other inshtutions of boingrad, London, Paris, Stockholm, Helsinki, Istanbul, Ankara, Peking, Urumci, Tokyo, Kyoto, Osaka, and are other places. This paper gives a short survey of editions and studies of the religious texts of Uigur. Nestorian Christianity, Manichaeism, and Buddhism pentrated into the Uigurs at different times. By far most of the Uigur fragments are of Buddhist contents, while Christian and Manichaen texts only few in number.
ISSN10004106 (P)
ヒット数494
作成日2001.11.28
更新日期2019.10.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
351068

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ