サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
慧能《壇經》頓教禪法論義=On Huineng's Sudden Teaching Meditation Technique as Found in the Platform Sutra
著者 陳平坤 =Chen, Ping-kun
掲載誌 中華佛學研究=Chung-Hwa Buddhist Studies
巻号n.6
出版年月日2002.03
ページ299 - 349
出版者中華佛學研究所=The Chung-Hwa Institute of Buddhist Studies
出版サイト http://www.chibs.edu.tw/ch_html/0_ch04/ch0404_02.html
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード慧能; 六祖壇經=The Sixth Patriarch's Sutra; 禪法; 頓教; 見性; 無念; 無相; 無住; 般若行; 實存心性論
抄録本文通過對《壇經》基本觀念與實踐方法的分析討論,提出:由於慧能能實存地體解自心,佛性「不一不異」的關係,而在「心性空寂」的基礎上,不對心,性做超越分解以相對安立妄心,真心的觀念,因此成立了其以「迷即為眾生,悟即為佛」 -- 凡,聖皆由「一念之轉」而決定的頓教禪法; 所謂「即眾生是佛」,「即煩惱是菩提」的「真如自性」境界,正須通過「無念,無相,無住」的「般若行」功夫,方能獲致其真實常恒義的客觀保證. 就「後設」 (meta-) 的意義而言,這亦即是說:慧能通過「即功夫即境界」的實存 (「中道」) 思維方式,提出了一種以「實存心性論」為基礎的「頓悟頓修」的禪教型態.

目次一. 前言
二. 頓教禪法的心性觀
(一)《壇經》的「心」字義涵
1. 意識心
2. 本性心
3. 自覺心
(二)《壇經》的「性」字義涵
1. 諸法自性
2. 真如自性
(三) 「心」,「性」異同及其關係
三. 頓教禪法的功夫論
(一) 定慧等學
(二) 無念為宗
(三) 無相為體
(四) 無住為本
四. 在般若行中見自本性
(一) 即功夫見自本體
(二) 本性般若之智的客觀先驗義
五. 結語
ISSN1026969X (P)
ヒット数1463
作成日2002.04.09; 2002.07.23
更新日期2019.10.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
352202

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ