サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
On the Trail of Two Competing Buddhas from India to Korea:A Study of the Dynamics of Cross-cultural Assimilation
著者 Cho, Sung-taek
掲載誌 Korea Journal
巻号v.41 n.1 Spring
出版年月日2001
ページ268 - 287
出版者Korean National Commission for UNESCO
出版サイト https://www.ekoreajournal.net/main/index.htm
出版地Seoul, Korea [首爾, 韓國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートCho Sungtaek (Jo, Seong-taek) is Professor in the Department of Comparative Studies, State University of New York at Stony Brook. He received his Ph.D. with a dissertation entitled "The Rise of Mahayana Buddhism: A Study of its Self-Identity and Institutionalization through Reconstructing the Biographical Process of the Buddha"from University of California at Berkeley in 1995. His publications include a number of Korean translations of English works on Buddhism and articles on Buddhism (e-mail: stcho@notes.cc.sunysb.edu).
キーワードBuddhism and Culture; Asian Religion
抄録Studies the cross-cultural assimilation of Buddhism into Korean,Indian and Chinese cultures and how they practice cultic activities associated with two Buddhist figures, Maitreya and Amitabha. Characters of the two figures in the context of Buddhist doctrine; Development of various cults in Buddhism; Introduction of Buddhism in China; Form of Buddhism which has taken place in South Korea.
目次Introduction 268
Amitabha and Maitreya in India and Central Asia 270
China 275
Korea 279
Conclusion 284
ISSN00233900 (P)
ヒット数213
作成日2002.06.19
更新日期2019.10.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
352842

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ