サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鎌倉仏教形成論:思想史の立場から
著者 末木文美士 (著)
出版年月日1998.05.10
ページ425
出版者法藏館
出版サイト http://www.hozokan.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート130-
キーワード鎌倉時代佛教歷史
抄録鎌倉新仏教と平安旧仏教は全く異質なのか。法然、明恵、本覚思想などを題材に、通説を覆す力作論集。
目次はじめに
凡 例
序 章 鎌倉仏教への視座
 Ⅰ 顕と密
第一章 顕密体制論の再検討(一)-黒田俊雄説をめぐって
第二章 顕密体制論の再検討(二)-平雅行著『日本中世の社会と仏教』をめぐって
第三章 顕と密
 Ⅱ 法然とその周辺
第一章 初期の思想形成
第二章 『三部経大意』
第三章 新宗の開創とその論理
第四章 寛容と非寛容―法然門下の諸行観
 Ⅲ 明恵とその周辺
第一章 明恵の思想展開
第二章 明恵の釈迦信仰
第三章 明恵と光明真言
 Ⅳ 本覚思想の形成
第一章 本覚思想における心の原理
第二章 本覚思想と浄土教―『妙行心要集』の場合
第三章 偽書の形成―伝南岳三部書と伝忠尋釈書
第四章 〈批判仏教〉の再検討
 結 章 仏教の民衆化をめぐって
 あとがき
ISBN4831873721; 9784831873729
関連書評
  1. 末木文美士『鎌倉仏教形成論 - 思想史の立場から』 / 上川通夫 (著)
  2. 末木文美士著『鎌倉仏教形成論 -- 思想史の立場から』 / 松尾剛次 (著)=Matsuo, Kenji (au.)
  3. 末木文美士著『鎌倉仏教形成論 - 思想史の立場から』=SUEKI Fumihiko, Kamakura Bukkyo Keisei-ron (The Formation of Kamakura Buddhism) / 菊地大樹 (著)
  4. 書評:末木文美士著『鎌倉仏教形成論 -- 思想史の立場から』=Book Review: Sueki Fumihiko, Theory on the Formation of Kamakura Buddhism:From the Standpoint of Intellectual History / 三木彰円 (著)=Miki, Akimaru (au.)
ヒット数395
作成日2002.12.11
更新日期2022.01.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
353235

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ