サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
智慧與禪定作為佛教神通的成立基礎 -- 從原始佛教至瑜伽行派
著者 釋大寂 (著)=Shih, Da-ji (au.)
出版年月日2002.12
ページ238
出版者水星文化; 圓明
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート釋大寂法師提供 jimm.y86@msa.hinet.net
キーワード大寂; 智慧; 禪定=Concentration=Dhyana; 神通
抄録人非常容易落於兩邊,佛法稱之為「邊見」,以神通來說,一者不是迷信於神通而被騙,二者就是全然地否定神通、齒笑神通,只是因處於科學時代裡,一般人總不假思索地排斥神通的存在性。站在哲學的立場,哲學講求嚴格的論證,對任何事物不輕言肯定,也不輕言否定,任何事物的肯定與否定必來自一顆客觀觀察的深邃心靈。
佛法絕對排斥那種欺詐式的神通,卻不否定有真正客觀神通的存在,神通的存在性甚至遍布於整個印度哲學,印度人不僅追求生命之智慧與個人之解脫,也重視由解脫而開展出來的神通,它代表了修行人於內自在而表現於外的主宰能力,換句話說,內外一如、內外無分別性展現了佛法之性格,尤其是般若無分別心之性格。
ISBN9867958187
ヒット数284
作成日2003.06.12
更新日期2020.12.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
353920

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ