サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
西夏文刊本《金光明最勝王經》的兩幅扉畫=Two Frontispieces in the Tangut Blockprint of the Sutra of Golden Light
著者 胡進杉 (著)=Hu, Chin-shan (au.)
掲載誌 法光學壇=Dharma Light Lyceum
巻号n.6
出版年月日2002
ページ117 - 147
出版者法光佛教文化研究所=Fa-kuang Institute of Buddhist Studies
出版サイト http://fakuang.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード西夏文=Tangut script; 扉畫=frontispiece; 佛經變相=經變=sutra depiction; 題記=inscription
抄録本文主是探討北平圖書館寄存本院的二本西夏文刊本《金光明最勝王經》卷七和卷九的扉畫,首先依據此經〈流傳序〉和〈跋文〉的記載,考訂本書的版本,及其刊印的目的; 其次針對扉畫本身,從圖像旁的西夏文題記,再配合經典的原文,逐次說明每個圖像的意義和所描繪的情節; 第三由版畫的技巧和佛教版畫發展的歷程,分析此二幅扉畫的價值,歸納成三個特點:1.內容詳實,切重要點; 2.構圖新穎,頗富奇趣; 3.扉畫奇珍,經變瑰寶.

The discussion of the present paper centres around the frontispieces of fascicles seven and nine respectively of two Tangut blockprints of the Sutra of Golden Light which the Palace Museum keeps for the Peiping Library. First, on the basis of the information given in the preface and the colophon, it is established with which editions we are dealing here. Secondly, the meaning and contents of the frontispieces is elucidated step by step with reference to the headings of the picture and the text of the scripture proper. Finally, the value of the illustrations is analyzed in terms of artistic skill and the development of Buddhist book illustrations. Three features stand out:the depiction is realistic and captures what is essential; the arrangement is novel and rich in special effects; as frontispieces the illustrations which depict the contents of the scripture are rare and precious.
研究年代元代
研究地域中國
ヒット数928
作成日2003.07.25
更新日期2018.09.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
354182

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ