サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
印度禪
著者 方廣錩
出版年月日1997.12
ページ303
出版者浙江人民出版社
出版サイト http://rms.zjcb.com/
出版地杭州, 中國 [Hangzhou, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート1998年11月再版
キーワード中國禪宗史; 瑜伽; 脈輪; 禪修=Meditation; 瑜伽行派=Yogacara school
抄録中國禪起源於印度佛教的禪定. 在印度,禪定被視為源遠流長的瑜伽修持術的一個組成部分. 瑜伽特指通過一系列對身心活動的制約,特別是對心理活動的制約與引導,使修持者達到與世界本原的神秘聯繫或結合,亦即所謂 「梵我一如」 的境地. 印度的瑜伽修持者認為,通過這種修持能得到神通. 幸福與解脫. 在印度,瑜伽修持從其產生之初就與宗教結下不解之緣,是印度各宗教哲學派別共同採用的修持方法.
本書對印度瑜伽的產生. 發展的歷史作了鳥瞰式的全景介紹,使諸者對這由古代印度人所創造,並流傳至今的修持術有較全面的瞭解,從而為讀者全面把握. 深刻理解中國禪提供更為廣闊與深邃的背景. 為讓讀者能更清楚瞭解密教,特別是時輪乘和訶陀瑜伽的修持方式,作者在第3. 4章的論述中,配上人體脈輪結構圖,並在此基礎上進行比較論述,使複雜而抽像的修持理論和方式變得更加具體. 直觀而形象,使讀者對不同的修持方式的異同能一目瞭然. 所以,要瞭解中國禪產生的源流,此書是部不可或缺的較有價值的參考書.

目次第一章:原始瑜伽
一. 瑜伽的產生
二. 吠陀與梵書時代的瑜伽
第二章:初期瑜伽
一. 瑜伽修持的理論化
二. 佛教的瑜伽修持
三.《薄伽梵歌》的瑜伽理論
第三章:古典瑜伽
一. 古典瑜伽的哲學基礎
二.《瑜伽經》述評
三. 中期大乘與密教的瑜伽修持
第四章:訶陀瑜伽
一. 訶陀瑜伽的產生
二. 訶陀瑜伽的氣脈理論
三. 訶陀瑜伽的修持
第五章:近代瑜伽
一. 近代瑜伽概述
二. 辨喜的瑜伽思想
三. 奧羅賓多的整體瑜伽
參考文獻"
ISBN7213014617
ヒット数472
作成日2003.10.03
更新日期2014.05.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
354929

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ