サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教與中國文化
著者 湯一介
出版年月日2000.01
出版者宗教文化出版社
出版サイト http://www.phoenixtv.com.cn/shangwu/fe/pub_zongjiao_1.html
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード中國佛教史;
抄録「中國文化曾受惠於印度佛教,印度佛教又在中國得到發揚光大」,是作者在一次會議中說的兩句話. 我們考察了印度佛教傳入中國的歷史,就能證明這兩句話是有根據的. 自西漢末年以來,印度佛教曾對中國文化各方面,如哲學. 文學. 藝術. 建築,乃至民間風俗習慣,都有深刻的影響. 七. 八世紀後,佛教在印度衰落了,至13世紀基本湮滅. 但正是隋唐以來,佛教在與中國文化結合的情況下,形成若干影響極大的佛教宗派,使佛教得到了重大發展,並由中國傳到朝鮮半島. 日本. 越南等地. 這個歷史發展過程說明,不同文化間的交流是人類文明發展的里程碑. 本書通過佛教在中國. 佛教與儒道. 禪宗的超越. 佛教文獻考等幾方面,來說明佛教給中國文化帶來的影響與發展.
ISBN7801232089 (B·19)
ヒット数533
作成日2003.10.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
355057

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ