サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
道宣所揭示的--中國佛教之禪觀
著者 董群
掲載誌 佛藏=Fozang
巻号n.12
出版年月日1999.04
出版者佛藏雜誌社
出版サイト http://www.fozang.org.tw/
出版地臺中縣, 臺灣 [Taichung hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者任教於東南大學佛教文化研究所
キーワード道宣; 禪觀; 中國禪宗史
抄録現在人們談起禪觀,常常是南北兩宗,南頓北漸,這是針對唐代禪法及其對後世的影響而言的. 在唐代禪宗前,禪在中國已發展了近千年,道宣在其《續高僧傳》中所揭示的禪觀是非常豐富的. 對此加以考察,可找出中國佛教禪觀的發展軌跡.
就道宣所述自東晉十六國,到隋唐之世的禪觀發展來看,禪觀的存在體現為譯經. 師承. 修習等形式. 東晉十六國時,禪典翻譯以羅什為代表,此項工作可上溯至東漢譯僧安世高. 對禪法的師承,慧觀和慧遠是最早期的重視者. 習禪的方式,以慧遠的群修和僧群的獨修為典型. 禪法流行的區域有長安. 淮北. 江東. 廬山等地. 北朝和隋代,大致有五類典型的禪法:1.以僧稠為代表,為北朝禪法之「顯學」,影響也最大; 2.以達摩為代表,在民間展開; 3.天台宗的禪法; 4.神異類禪法; 5.頭陀禪,體現出禪觀的多元性.
隋季禪法,實際上是僧稠系禪法的衰落和天台禪法的上升,構成的地位交替. 天台禪法體現出止觀雙修的特色,以修正北朝禪法的重定輕慧和南朝禪法的重慧輕定,並以圓頓為歸趣. 因此,道宣所揭示的中國禪觀,在多元的基礎上,由小乘禪向大乘禪發展,由定慧分修向兼修發展,由漸次向圓頓發展. 慧能的禪觀正是在這種背景下生長,承達摩以來禪脈,從「教下禪」向「教外別傳」之禪發展,從「定慧雙修」向「定慧等一」發展,從「融漸之禪」向「唯頓無漸之禪」發展. 如果忽略道宣對這段禪法的討論,慧能禪法的歷史感將會降低. 從東晉十六國及南朝的慧解之禪,到北朝的習定之禪,從北朝的定法到隋代的天台禪,從天台禪到禪宗之禪,從北宗神秀禪到慧能的南宗禪,有其內在的歷史性聯繫,這是道宣給予的啟示.
ヒット数263
作成日2003.10.09
更新日期2022.04.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
355211

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ