サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
A Case of Distortion: The Evangelical Missionary Interpretation of Buddhism in 19th Century Sri Lanka
著者 Harris, Elizabeth J.
掲載誌 Science of Religion
巻号v.21
出版年月日1994
ページ19 - 42
出版者Roots and Branches
出版地Cambridge, UK [劍橋, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートOriginal source journal: Dialogue
キーワード斯里蘭卡佛教=Sri Lankan Buddhism
抄録The author seeks to untangle the context surrounding the presentation of Buddhism in Sri Lanka as nihilistic. Her basic contention is that the "blatant distortion of the nihilistic interpretation arose through the interaction of religious, historical and economic forces which placed a steel barrier between many missionaries and objective appraisal of Buddhism". When "missionary spoke to Buddhist monk,for instance,it was not simply a meeting between two religious people but an encounter between two different approaches to soteriology or the doctrine of salvation/ liberation and two socio-economic situations within the additional context of imperial power relationships. Of central importance,however,was the exclusivist Christian theology nurtured by the Evangelical revival,which shaped the vocation of the 19th century missionaries. Both their dialogue with Buddhism and their interpretation of the texts were shaped by it". (RB)
ISSN01658794
ヒット数461
作成日2000.11
更新日期2019.08.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
356050

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ