サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
漢譯《阿含經》與阿毘達磨論書中的「慧解脫」--以《雜阿含‧須深經》為中心
著者 溫宗堃
掲載誌 正觀雜誌=Satyabhisamaya: A Buddhist Studies Quarterly
巻号n.26
出版年月日2003.09.25
ページ5 - 51
出版者正觀雜誌社
出版サイト http://www.tt034.org.tw
出版地南投縣, 臺灣 [Nantou hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為中華佛學研究所研究生
キーワード慧解脫; 須深經; 未至定; 法住智; 純觀行; 內觀=Insight Meditation; 毗婆舍那=Vipassana; 四念住=Satipatthana; 南傳佛教=Theravada Buddhism
抄録近來南傳佛教尤其是其內觀禪法逐漸在台灣興盛起來。這些當代禪法之中,有一些是基於南傳上座部裡所謂「純觀行」或無禪那「慧解脫」的教理而發展出的內觀禪法。本篇論文的目的在於探討北傳漢譯的《阿含經》與阿毘達磨論藏之中是否也存在所謂無禪那「慧解脫」的修行理論。研究結果顯示:說一切有部所傳的漢譯《阿含經》確實描述:在佛陀時代就已存在慧解脫阿羅漢,他們未證八解脱但得漏盡。特別是《雜阿含》〈須深經〉談到一類未得禪那但得解脫的阿羅漢。有部的《大毘婆沙論》與《成實論》也都明確提到此類無禪那阿羅漢的存在。其中,《大毘婆沙論》更將之名為「全分慧解脫」。全分慧解脫阿羅漢所依止的定力,在有部《發智論》與《順正理論》被清楚地界定為「未至定」;在《成實論》中,則是被說為「電光定」。這樣的結果若進一步併合南傳上座部的說法,可以得知:慧解脫的修行傳統並非南傳上座部所獨創的後期產物,而是大多上座系(Skt. Sthavira)部派所共有的教義。
目次壹、 前言 7
貳、《阿含經》中的「慧解脫」 12
參、 漢譯阿毘達磨論書中的「慧解脫」 24
肆、 結論 45
參考書目 49
ISSN16099575 (P)
ヒット数996
作成日2003.12.12
更新日期2017.08.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
356054

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ