サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪和日本人的自然愛
著者 鈴木大拙 ; 張琳
掲載誌 佛教文化=The Culture of Buddhism=Buddhist Culture
巻号n.1
出版年月日1999
ページ25 - 29
出版者中國佛教協會
出版サイト https://www.chinabuddhism.com.cn/web/index
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード日本佛教=Japanese Buddhism; 禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism=Chan Buddhism=Son Buddhism; 現代佛教=近代佛教=Contemporary Buddhism
抄録日本人之所以喜愛自然,應歸功於富士山。每次乘坐東海道線列車通過富士山時,只要天空放晴,總是禁不住要多看上幾眼。今天,在日本只要是能多少引起人們興趣的高山上,都架設了索道、纜車。登山變得輕而易舉了。可說,任何人都很難抵制這種近代生活的物質功利主義,所帶來的方便。即便是我也屢次使用纜車。在登比睿山時就是乘坐的纜車。但人雖在纜車上,心卻對這登山工具極具抵觸情緒。夜間燈光下的纜車映照出來的,是拜金主義和貪圖享樂的“近代精神”。眾所周知,比睿山位於日本古都東北部,是傳教大師在此初建天台宗寺院的淨城。這一聖地,為了營利竟遭到如此悲慘的待遇,眾多來自農村的信徒一定會為此歎息。在崇拜自然的心態中,存在著一種高尚的宗教感情,即使是在科學經濟發達的競爭時代,我們也希望一定要保存崇高的自然情感。
ISSN10042881 (P)
ヒット数610
作成日2004.04.02
更新日期2018.09.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
356988

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ