サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論更敦群培對中印文化交流的貢獻
著者 杜永彬
出版年月日2002.12.16
資料の種類網路資料=Internet Resrouce
言語中文=Chinese
キーワード更敦群培=Dge-dun-chos-vphel; 高僧傳=Hagiography; 傳記=Biography; 藏傳佛教=西藏佛教=Tibetan Buddhism
抄録更敦群培(Dge-dun-chos-vphel, 1903~1951),是現代藏族史上的佛門奇僧、學術大師和啟蒙思想家;是藏傳佛教世俗化的先驅和人文主義者;是愛國主義者和樸素的唯物主義者。他那坎坷而短暫的一生充滿傳奇色彩,獨具性格魅力,其處處閃爍著智慧的思想,和離經叛道的言行,至今仍為人津津樂道;其學術成果獨步一時,慧及後世,其學術思想和治學方法開一代新風,上承傳統藏學,下啟現代藏學,在藏族學術史上具有劃時代的意義,堪稱藏族現代藏學的一代宗師;其從佛教神學史觀轉向人文史觀、從以神為中心轉向以人為中心的啟蒙思想和唯物思想,在20世紀上半葉的西藏封建農奴社會振聾發聵。更敦群培能在封閉、禁欲、保守、迷信、落後、思想禁錮的,政教合一社會裏,唯我獨醒,顯示了其非凡的膽識和超人的氣魄,他的出現是20世紀藏族史上的一個奇蹟。
ヒット数469
作成日2004.04.16
更新日期2011.09.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
357449

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ