サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪宗研究一百年=A Century of Studies on the Chan Sect
著者 黃夏年=Huang, Xai-nein
掲載誌 中國禪學=Chan Studies
巻号n.1
出版年月日2002.06
出版者河北禪學研究所; 中華書局
出版サイト http://www.zhbc.com.cn/
出版地中國 [China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者1954年生,江蘇常熟市人,哲學碩士。現為中國社會科學院世界宗教研究所《世界宗教研究》雜志社社長、《世界宗教文化》主編。發表有《百年佛學研究》、《百年唯識學研究》、《20世紀歐美的佛教研究》、《20世紀亞洲的佛教研究》、《20世紀天臺佛教研究》、《當前中國佛學研究的難點與對策》等論文。
キーワード惠能=慧能=Hui-neng; 心性論; 禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism=Chan Buddhism=Son Buddhism; 六祖壇經=壇經=The Sixth Patriarch's Sutra=Manda-sutra; 佛學研究=佛教學=Buddhist Studies=Buddhology
抄録20世紀的禪宗研究,是中國佛學研究中的重要內容。本文系統地勾勒了此時期中國大陸禪宗研究的情況與變化,以及主要的著作與學術觀點。按照20世紀世界佛學與中國佛學研究的形勢,本文將禪宗的研究分為前期、中期與後期三個時段,指出:
前期的研究投入不夠,學者對禪宗或進行批評或予以判教,或對某部禪經進行個案研究,其中以胡適的實證主義的研究方法最具影響。
中期研究發表文章數量增多,但沒有專著出版。研究的領域較過去廣泛,方法論上也有所創新。
後期研究全面創新,成果眾多,方法多樣,是20世紀禪宗研究最為重要的時期,為今後的中國禪學研究,奠定了堅實基礎。

目次
一、緒 論
1.中國古代的禪宗研究
2.日本的禪宗研究
二、20世紀前期的禪宗研究
三、20世紀中期的禪宗研究
四、20世紀後期的禪宗研究
1.20世紀下半葉的禪宗熱
2.對禪宗思想與歷史的研究
3.關於《壇經》版本和六祖慧能的研究
4.關於禪宗的心性論研究
5.對宋以後的禪宗史之研究
6.對禪宗與道家、玄學、文學的綜合研究
7.其他禪宗文獻的整理
五、結 語
ISSN1609476X
ヒット数672
作成日2004.05.07
更新日期2011.08.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
358223

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ