サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
韓國受容佛教與民族佛教的分水嶺--論義天和知訥的佛教思想和歷史地位=The Disintegration of "Sho-Rong" and National Buddhism
著者 何勁松 =He, Jin-song
掲載誌 中國佛學=Chinese Buddhism Journal
巻号v.3 n.1 春季號
出版年月日2000.10
ページ267 - 286
出版者中國佛學編委會
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード韓國佛教=朝鮮佛教=Korean Buddhism=Koryo Buddhism=Choson Buddhism; 義天; 知訥
抄録高麗佛教是三國佛教和新羅佛教的繼承和發展。新羅佛教再三國統一過程中成功地實現了新羅化的過程。高麗時期,韓國佛教又實現了另一次轉變,即由受容佛教轉變為民族佛教,而實現這一轉變的正是高麗時期最有代表性的兩位高僧--義天和知訥。義天是高麗王朝前期最著名的僧人,他以自己特殊的政治地位和淵博的佛學修養,自覺地擔負起對高麗前期佛教進行認真總結的歷史重任--廣義上講,他也是漢傳佛教受容過程的終結與民族化佛教產生之前出現的一位劃時代的人物。如果把義天和稍後的另一位著名僧人知訥放在一起,顯然義天是受容佛教的集大成者,而知訥則是新興的民族佛教之父。無庸置疑,知訥及其禪侶們開展的定慧結社無論是在韓國佛教史上還是整個漢傳佛教史上都可以說是一場影響深遠的新佛教運動。
ISSN15612554 (P)
ヒット数217
作成日2004.07.09
更新日期2021.10.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
361117

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ