サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Elements of Buddhist Iconography
著者 Coomaraswamy, Ananda K.
出版年月日1998.01
ページ103
出版者Coronet Books Inc
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
キーワード圖像學=Iconography;
抄録The present work is an analysis of Buddhist symbolism in historical perspective. In author's view Buddhist symbolism, in art or religion, is but a part of the main current of Indian religion and art and has to be studied in that context. Early Indian art is, thus, essentially the continuation of a mainly aniconic "Vedic" style and the compositions are comprehensible only with reference to Vedic notions. The present work studies the fundamental elements of Buddhist symbolism which predominate in the early aniconic art and are never dispensed with in the later imagery, though they are subordinated to the "human" icon. The present study is divided into two parts: in Part 1, the Tree of Life, Earth-Lotus and World-Wheel (and other cognate symbols) have been analyzed; Part II deals with the place of the lotus-throne. A study of these reveals that they represent a universal Indian symbolism and set of theological concepts.
ISBN8121502462 (hc)
ヒット数373
作成日2004.08.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
362508

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ