サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Middle-Way Meditation Instructions of Mipham Rinpoche
著者 Holmes, Ken ; Khenchen Thrangu Rinpoche
出版年月日2000.02
ページ127
出版者Namo Buddha Seminar
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
ノートLanguage Notes
Text: English (translation)
Original Language: Tibetan
キーワード仁波切=Rinpoche; 般若波羅密多=般若=Prajnaparamita=Prajna=Perfection of Wisdom; 慈悲心=Compassion=Metta=Loving Kindness=Maitri; 靜坐=Meditation; 禪修=Meditation
抄録Mipham Rinpoche, a 19th century Tibetan scholar and practitioner, gives a definite explanation of the Middle-way Instructions. For a few years of his life he stayed at the Ninth Thrangu Rinpoche's monastery where he was supplied with materials for his prolific writing. One of Mipham Rinpoche's encyclopedic works on Buddhism was the Gateway to Knowledge and it is from this text that the Middle-way Instructions came from.
In this exposition Mipham Rinpoche explains the meditation techniques for developing compassion and expanding this state into the aspiration of bodhichitta. With this the clarity of this vision prajna begins to manifest. This text gives a detailed explanation of how one meditates to develop this wisdom.
ISBN0962802662
ヒット数229
作成日2004.09.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
363102

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ