サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
日本律宗名剎──唐招提奇
著者 李賀敏 (著) ; 張琳 (著)
掲載誌 法音=The Voice of Dharma
巻号v.1999年 n.7
出版年月日1999
ページ24 - 29
出版者中國佛教協會=The Buddhist Association of China
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード律宗=The Vinaya school
抄録唐招提寺,是日本律宗總本山,也是南都(奈良)七大寺之一,別稱唐律招提寺。位於奈良市郊外五條叮,占地面積約七公頃。天平寶字三年(759)由我國唐代高僧鑒真和尚創建。一、鑒真和尚與日本律家西元九世紀以前,中國佛教各宗派相繼傳人日本,流行於上層社會,並形成了三論宗、法相宗、華嚴宗、律宗、成實宗、俱舍宗,史稱"奈良六宗"。因為當時奈良為國都,相對于平安時代(794-1192)的京城京(今京都),又稱"南部六宗"。
ISSN10042636 (P)
DOI10.16805/j.cnki.11-1671/b.1999.07.007
ヒット数636
作成日2004.11.12
更新日期2021.08.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
365091

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ