サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
天台宗“性具善惡”觀論析
著者 楊維中
掲載誌 人文雜志
巻号v.2004 n.3
出版年月日2004
出版者陝西省社會科學院
出版地陜西, 中國 [Shaanxi, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード天台性具善惡; 一念心; 三因互具; 修性、染淨不二; 理毒性惡
抄録天台宗的“性具善惡”觀在具體發展中是有細微變化的。作為“性具善惡”思想成立基礎的“一念心”具有三層含義 :其一 ,“心
”與外緣相遇而起動的瞬間。其二 ,無明與法性的相即相待。其三 ,心即實相 ,實相即心。而其哲學論証則是“三因互具”。湛然謹慎地引入
了真如不變隨緣的觀念 ,在本體論上提出了“一念心性真如”的提法 ,但在論証“無情有性”說時仍然偏於“理體”而未能妥貼地將一念心與
真如合為一體。在性具善惡問題上 ,湛然貢獻出了兩個理論命題 ,即“修性不二”和“染淨不二”。
ヒット数378
作成日2004.11.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
365630

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ