サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
重訪人文主義 -- 從沙特、海德格、德希達到牟宗三=Humanism Revisited--From Sartre, Heidegger, Derrida to Mou Tsung-San
著者 林鎮國 (著)=Lin, Chen-kuo (au.)
掲載誌 國立政治大學哲學學報=National Chengchi University Philosophical Journal
巻号n.5
出版年月日1999.01
ページ197 - 215
出版者國立政治大學哲學系
出版サイト http://thinkphil.nccu.edu.tw/main.php
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード人文主義=Humanism; 牟宗三=Mou Tsung-San; 新儒家=Neo-Confucianism; 後現代=Postmodern; 沙特=Jean-Paul Sartre; 海德格=Martin Heidegger; 德希達=Jacques Derrida
抄録八○年代重新引發的現代/後現代爭論, 其中重要的側面即是人文主義與反人文主義之間的爭論。如菲利與雷諾於1985年出版《六○年代法國哲學: 論反人文主義》時指出, 作為所謂「後現代」的法國哲學家--傅柯、德希達、鮑迪、拉康、阿圖塞等, 他們即表現出濃厚的反人文主義傾向。菲利與雷諾於1988年的《海德格與現代性》中, 再度從「海德格案」追溯當代反人文主義的源頭, 重新梳理本世紀人文主羲與反人文主義的糾結與消長, 並站在啟蒙傳統的立場, 擔憂反人文主義對民主與人權的斲傷, 在當前跨世紀之際的確值得吾人關切。本文即是從上述的脈絡, 重新省察新儒家(以牟宗三為主)對人文主義的反省, 顯豁其與當代思潮的義理關聯, 在「脈絡重置」下對比出新儒家思想的特色與限制。本文將牟宗三的人文主義思想重新置於由沙特〈存在主義與人文主義〉、海德格的〈人文主義書簡〉和德希達的〈人之目的/終結〉所構成的論述脈絡中, 指出關於人的書寫的反省是今天對人的反省所必要的一環。

This paper attempts to put Mou Tsung-san's (1909-1995) reflection on humanism in early 1950s back into a more complicated post-war intellectual and philosophical context. Jean-Paul Sartre's " Existentialism as Humanism", Martin Heidegger's "Letter on Humanism" and Jacques Derrida's "The Ends of Man" are woven as the backdrop in which Mou's Neo-Confucian metaphysics of moral subjectivity is highlighted. This paper concludes that the insights and oversights implicit in Neo-Confucian writing of man as exemplified by Mou can be made explicit through Derridean grammatology.
ISSN10276076 (P); 10276076 (E)
ヒット数396
作成日2004.11.26
更新日期2019.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
365964

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ