サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
日本佛教戒律的歷史變遷
著者 大島龍玄 (著) ; 慧光 (譯)
掲載誌 法音=The Voice of Dharma
巻号v.2002年 n.6
出版年月日2002
ページ35 - 38
出版者中國佛教協會=The Buddhist Association of China
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード戒律=Precepts=Vinaya=Sila; 日本佛教=Japanese Buddhism
抄録002年第6期總第214期1992年9月在南京寶華山隆昌寺舉行了35年來的第一次授戒法會,去年6月圓寂的茗山法師擔任得戒和尚。來自中國各地以及海外的近千名僧侶前來受戒。我有幸作為唯一的日本僧人參加了此次盛會,深深地感到戒律的傳統在中國大陸已被繼承和複興起來。從那以來,我作為戒弟子,每年都要去中國參訪,每次都要拜訪茗山法師。有關與法師的交往詳情,在去年9月的《香港佛教》上曾以《繼承茗山法師的遺志》為題作了介紹。去年3月,我看望正在無錫華東療養院療養的法師時所作的采訪,也在日本的佛教報紙《中外日報》上作了報道...
ISSN10042636 (P)
ヒット数449
作成日2004.12.03
更新日期2021.08.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
366275

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ