サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國最早大規模翻譯佛經的場所 : 敦煌寺考=The Earliest Large-scale Buddhist Translating Site in Chinese History: Investigations on Dunhuang Temple
著者 李利安 (著)=Li, Li-an (au.)
掲載誌 西北大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Northwest University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号v.34 n.1
出版年月日2004.01
ページ59 - 62
出版者西北大學學報編輯部
出版地西安, 中國 [Xi'an, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:西北大學中東研究所
キーワード敦煌寺=Dunhuang Temple; 竺法護=Dharmaraksa; 譯經=Translation of Buddhist Sutras
抄録通過對敦煌寺的位置、起源、演變等系統的考證,認為其是漢長安城一帶惟一遺存至今的佛教寺院,是陝西現存佛寺中歷史最悠久的寺廟,也是整個中國有資可證的最古老的佛寺之一。該寺因為是中國佛教史上第一個大規模翻譯佛經的地方,所以,具有非常重要的歷史地位和現實的開發價值。

After having systematically investigated the location, foundation and development of Dunhuang Temple, this paper holds that Dunhuang Temple is not only the only temple that has lasted to now from Han Dynasty's Chang'an City, but also the oldest temple in Shaanxi province, and one of the oldest temples in China today. The author also considersthat this temple, being the first biggest Buddhist sutra translating site in the history of Chinese Buddhism, occupies an very important position in history and has the great value of development today.
ISSN10002731 (P); 10002731 (E)
DOI10.3969/j.issn.1000-2731.2004.01.014
研究種類佛教-歷史
研究年代漢代
研究地域陝西(西安漢城鄉)
ヒット数171
作成日2004.12.17
更新日期2019.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
366424

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ