サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
試論佛教論爭對劉勰折衷方法的影響=The Influence of Buddhism Debate on Liu Xie’s Compromise Method
著者 高文強 =Gao, Wen-qiang
掲載誌 華中科技大學學報 (社會科學版)=Journal of Huazhong University of Science and Technology (Social Science Edition)
巻号n.3
出版年月日2004
ページ77 - 81
出版者華中科技大學
出版サイト http://www.hust.edu.cn/
出版地武漢, 中國 [Wuhan, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート全文下載: 中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード佛教論爭=Buddhism debate; 折衷方法=compromise method; 劉勰=Liu Xie; 滅惑論=Mie Huo theory; 文心雕龍=WenXin DiaoLong
抄録通過對東晉南朝佛教論爭的考察,試圖說明自東晉慧遠以折衷之法調和佛儒關係後,佛教論爭中折衷方法的大量實踐,為劉勰以折衷論文提供了一份可鑒之資。而劉勰深廣的佛學背景,使其在《文心雕龍》中吸取這一方法資源成為可能。最後結合劉勰《滅惑論》和《文心雕龍》的具體創作,論證劉勰折衷方法在實踐上主要借鑒了佛教論爭。

The paper attempts to demonstrate such question from the investigation to Buddhism debate in the Eastern Jin Dynasty and the Southern Dynasty: firstly, after Hui Yuan compromised Buddhism and Confucianism in the Eastern Jin Dynasty, a large number of compromise methods in the Buddhism debate was provided Liu Xie; secondly, it is possible that Liu Xie absorbed these compromise methods because of his Buddhism backgound; finally, the paper proves that Liu Xie’compromise method rooted in the Buddhism debate by analysizing to Liu Xie’s Mie Huo theory and WenXin DiaoLong.
ISSN16717023 (P)
ヒット数82
作成日2004.01.07
更新日期2020.01.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
366645

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ