サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
試論長安佛教之「社會佛教」特徵 ——以隋唐時期為中心
著者 王亞榮
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐(第5屆) -- 「印順長老與人間佛教」海峽兩岸學術研討會
出版年月日2004.04
出版者佛光山文教基金會
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート主題:印順長老與人間佛教 -- 印順長老百歲嵩壽
キーワード長安佛教; 社會佛教; 清流; 隋唐
抄録在中國佛教發展歷史上最興盛之隋唐時期,京城長安為佛教重鎮,中外高僧雲集,分宗立派,著述立說,取得了巨大的成就。本文改換一角度,從宗教之社會屬性來觀察,探索隋唐時代佛教在社會上之品格定位,以及形象、功能、地位等,亦即從人與社會生活之普遍性上來觀察佛教,認為,「從俗而又不庸俗的清流」是隋唐時代長安佛教之「社會佛教」特徵,並分別從經濟生活、與君親之關係、佛經翻譯等方面闡述。
長安是隋唐兩代京城(隋代名「大興」,唐代改名「長安」,名異而實同),不獨為全國之政治中心與文化中心,也是北傳佛教譯傳中心和全國僧尼事務管理中心。佛教與社會生活水乳相融,息息相關之契合,以長安為對象來考察,具有典型之時代意義。
ヒット数358
作成日2005.01.21
更新日期2015.06.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
367574

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ