サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教臨終關懷的當代難題:安樂死與器官捐贈
著者 林其賢 ; 郭惠芯
掲載誌 中華佛學研究=Chung-Hwa Buddhist Studies
巻号n.8
出版年月日2004.03
ページ279 - 293
出版者中華佛學研究所=The Chung-Hwa Institute of Buddhist Studies
出版サイト http://www.chibs.edu.tw/ch_html/0_ch04/ch0404_02.html
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者林其賢為國立屏東商業技術學院副教授,郭惠芯為屏東社區大學生死學課程講師
キーワード安樂死; 臨終關懷; 臨終判斷; 器官捐贈
抄録「安樂死」與臨終「器官捐贈」,因近代醫療科技進展與生命品質要求日高,成為廣受論辯的倫理難題,也是現代佛教臨終關懷必需面對的議題。佛教自許為一套「完整的生死學」,面對現代人這兩項抉擇煩惱,將以何種態度或立場參與討論?又如何將其智慧轉化為現代人可以適用的原則?
本文探討發現:由於佛教對「殺生」的基本立場,因此不論是「非自願的積極安樂死」或是「非自願的消極安樂死」,都無法許可。但對拿掉維生系統這樣的行為並不是全然不予許可,關鍵在於動機必須淨化而無『殺心』。
發心於臨終捐贈器官,確是莊嚴承擔的表示,難能而貴。但佛法更重視發心以後的實踐,因此在發心簽下臨終器官捐贈卡之後,當對「放下」的工夫繼續實踐與練習。

目次一、前言 280
二、佛教如何看待安樂死 281
三、佛教如何看待器官捐贈 288
四、結語 292
ISSN1026969X (P)
ヒット数1551
作成日2005.02.04
更新日期2017.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
367619

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ