サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
以佛學契接康德:梁啟超的康德學格義=To Connect Kant with Buddhism: Liang Qichao′s Kantist Geyi
著者 程恭讓
掲載誌 哲學研究=Philosophical Researches
巻号n.2
出版年月日2001
ページ37 - 44,80
出版者中國社會科學院哲學研究所
出版サイト http://philosophy.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄;作者單位:首都師範大學東方文化研究所
キーワード
抄録This article points out,to connect Kantism with Buddhism is not only a paramount stage of the spread of Kantism and Western?Philosophy in China,a valuable way of thinking of Buddhism in recent China,but also this connection has a very important meaning in the history of the development of Chinese philosophy at the beginning of 20 th century.

目次一、梁氏康德學格義的要點 37
二、章太炎對康德學格義理路的發展 40
三、幾點進一層的分析 43
ISSN10000216 (P); 10000216 (E)
ヒット数525
作成日2005.02.25
更新日期2019.09.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
367711

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ