サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
略論宗教社會學的中國化=On the Sanskrit Tablets of Esoteric Buddhism in Dali and the Bai’s Buddhosnisah Belief
著者 姚南強
掲載誌 雲南民族大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Yunnan Nationalities University (Social Sciences Edition) 
巻号n.5
出版年月日2004
出版者雲南民族大學
出版サイト http://www.ymu.edu.cn/web/11403/home
出版地昆明, 中國 [Kunming, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード宗教社會學; 道教; 佛教; 本土化; 中國化
抄録中國的宗教社會學要研究中國的宗教,即道教、中國化了的佛教和其他民間宗教信仰。因此,本土化是當代中國社會學的發展趨勢,中國化是中國宗教學成長的立足點和發揮宗教社會學現實功能的需要。

Cremation was very popular with the Bais and there are quite a few key crematoriums kept intact until now. There are many Sanskrit tablets found in these tombs which were built from the late Dali Kingdom to the middle of the Ming Dynasty and are precious data for the study of the Esoteric Buddhism of the Bais in this period and for the Bai’s funeral culture. Most of the existing Sanskrit tablets are Buddhosnisah Scripture tablets, which are closely related to the Bai’s Buddhosnisah belief.
目次一、大理地區梵文碑的時代與分布 62
二、白族的佛頂尊勝信仰 65
ISSN1672867X (P)
ヒット数413
作成日2005.02.25
更新日期2023.02.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
368189

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ