サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
西藏布達拉宮、羅布林卡和薩迦寺空鼓壁畫修復模擬實驗=An Report of Simulating Experiment on Restoration Detachment Murals For Potala Palace、Norbuglinkha And Sa-Skya Monastery, Tibetan
著者 于宗仁 (著)=Yu, Zong-ren (au.) ; 李最雄 ; 李樹若 ; 汪萬福 ; 馬贊峰 ; 趙林毅
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.6 (總號=n.76)
出版年月日2002.12
ページ69 - 77,108 - 113
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード壁畫=mural; 西藏; 空鼓壁畫; 模擬實驗
抄録對西藏壁畫空鼓地仗進行了模擬和灌漿材料進行了篩選實驗 ,對以PS為主劑和粉煤灰、巴嘎土、澄板土為填料的灌漿材料的物理力學性能以及灌漿效果做了深入地研究。根據實驗結果 ,初步篩選出以PS為主劑、粉煤灰摻加適量巴嘎土為填料的灌漿材料 ,為現場進一步實驗提供了理論依據。

Based on the simulating the mud plaster used in Tibetan and undertaken the prepared experiment of grouting material on the purpose of choose of suitable substances for restore the detachment murals, this paper made a further study on the physical and mechanical properties of grouting materials of PS-C ( an aqueous solution of potassium silicate and adding materials of Ba-ga clay、coal ash powder、deposit mud) and try out the strengthening effect of specimen of mud plaster. The results of the experiments proved that PS-C is ideal grouting material suitable to the detachment plaster in Tibetan. And the experiment has also provided theoretical source for next step of restoration on the site.
ISSN10004106 (P)
ヒット数420
作成日2005.03.04
更新日期2020.10.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
368451

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ