サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
洪州系的農禪學和農業烏托邦
著者 杜繼文
掲載誌 佛學研究=Buddhist Studies=Journal of Buddhist Studies
巻号n.11
出版年月日2002
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄
キーワード禪宗; 懷海; 農禪; 烏托邦
抄録農禪不是一人一時創造出來的,它的出現有一個時代的大背景,即戰亂和饑鋨導致北中國農民大逃亡,形成了流動人口的「流民」,繼而再變為遊僧,從而徹底改變了佛教傳統,使禪門思維方式起到根本的變化。崇尚自然,尊重自性(天性),獨立特行,任性逍遙,不接受任何人為的束縛和名教的琢磨,則是洪州宗系農禪派大師們的創造。百丈的新貢獻是態度堅定地將禪宗推向生產勞動領域,使農禪得到了理論和實踐的雙重肯定,一時間農禪勢力大興,叢林風行。在中國佛教史上,包括整部禪宗史,如此自覺,如此明確地把「獨立」、「自由」納入修行實踐的目標,也應該首推懷海。聽任自然,是懷海自由觀的基石。他關于自由的理論,就抽象性言,沒有離開佛教哲學基礎,而且主要是般若學的,到了《古尊宿語錄》,指導思想已經歸結到被改造了的法相唯識學上了。古代中國農業社會主義烏托邦理想,唯一實現了的,就是懷海山居創立的農禪社會。我們也可視為這是佛教社會主義的一種形態,有典型的意義。
ヒット数462
作成日2005.03.11
更新日期2018.04.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
369111

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ