サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
溈山 -- 溈仰の教えとは何か
著者 尾崎正善 ; 田中良昭 ; 石井修道 =Ishii, Shudo ; 椎名宏雄
出版年月日2007.09
ページ260
出版者臨川書店=Rinsen Book Co.
出版サイト http://www.rinsen.com/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート出自「唐代の禅僧」第5卷。尾﨑正善(おざき・しょうぜん):仏教文化研究所研究員・非常勤講師
抄録名は霊祐。百丈の法嗣であり、これまた秘境の大山(湖南省)を根城に名声をはせた禅哲。弟子の仰山と共に仰宗の祖。円相などの特徴ある禅風を示すこの宗派は宋代に跡を絶つが、新羅や高麗に受け継がれた。山には観察史相国裴休も参禅し、また「山水牛」の機縁は特に有名。語録一巻のほか『山警策』の作品は、初めて漢訳された経典とされる『四十二章経』、釈尊最後の説法『仏遺教経』と共に「仏祖三経」の一つとされてきた珠玉の一篇である。

[提要]
父子関係に譬えられる弟子仰山と共に、中国禅宗の「五家」のうち最も早い成立の「溈仰宗(いぎょうしゅう)」の祖たる溈山。作務を重視し自らを「水牯牛」と称した溈山は、一方で臨済宗を評し、洞山の参学を指示した逸話が残る。道元は著作にその行実を多く引用するなど、後世の評価と影響は大きい。生涯と弟子への接示にみる禅風等を初めて1冊にまとめる。

目次
第1章 溈山霊祐の生涯
    五家七宗と溈山の生きた時代/溈山の修行時代/大悟から溈山入山/破仏から示寂まで
第2章 直弟子への接化
    禅問答と語録/直弟子との問答/仰山慧寂/香厳智閑/霊雲志勤
第3章 参学者への教えと作務における説示
    溈山に参じた禅者達/作務における問答/弟子達への説示
第4章 溈仰が影響を与えた禅者
    溈仰が影響を与えた禅者/洞山・雲巌・道吾への説示/臨済への著語と予言/石室に合掌す
第5章 溈山の弟子達
    溈山の弟子達と後世への影響/仰山慧寂/仰山の弟子達/香厳智閑/霊雲志勤/径山洪?/福州
大安
第6章 『溈山警策』と『溈山語録』
    『溈山警策』と『溈山語録』-禅籍開板/『溈山警策』/『溈山語録』
ISBN9784653039952
ヒット数704
作成日2010.07.07
更新日期2010.07.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
370758

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ