サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
はじめてのチベット密教美術
著者 正木晃=Masaki, Akira
出版年月日2009.12
ページ128
出版者春秋社=Shunjusha Publishing Company
出版サイト http://www.shunjusha.co.jp
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート著者略歴:正木晃まさき あきら,1953年、神奈川県生まれ.筑波大学大学院博士課程修了.国際日本文化センター客員助教授等をへて、現在、慶應義塾大学非常勤講師.専門は宗教学(チベット・日本密教).独自にマンダラ塗り絵を考案し、15年以上前から大学の講義などに取り入れている。A5判;単行本
抄録チベットの各寺院に残る仏像や壁画などの美術品には、極めてレベルの高い傑作も多い。本書では、有名なポタラ宮殿、シャル寺、コンカルドルジェデン、ペンコル・チューデの4寺院を取り上げ、各寺院の歴史や建築構造、人物、思想的特徴などもふまえつつ、チベット密教美術の魅力を存分に紹介する。多数の本邦初公開の写真とともに、チベットの主要寺院の密教美術を総合的に紹介する、わが国では初めての書物。仏像の名品や仏画・マンダラなどの傑作を網羅。写真総数130点以上(内カラー64頁)。

目次
第1章 ポタラ宮─ダライ・ラマの住居
第2章 チベットの自然と有名寺院
第3章 シャル寺─静謐で気品ただよう仏たちとマンダラ
第4章 コンカル・ドルジェデン─乱舞する忿怒尊群
カラー図版でたどる チベット密教美術の世界
第5章 ペンコル・チューデ─壮大無比の立体マンダラ
ISBN9784393119051
ヒット数315
作成日2010.07.26
更新日期2010.07.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371284

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ