サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
シリーズ親鸞第1巻歴史のなかの親鸞 -- 真実のおしえを問う
著者 名畑崇=Nabata, Takashi
出版年月日2010.04.28
ページ256
出版者筑摩書房
出版サイト http://www.chikumashobo.co.jp
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録親鸞が明らかにした浄土真宗は、日本仏教史においてどのような意味をもつのか。平安末期から鎌倉時代の宗教状況を踏まえ、法然から親鸞へと受け継がれた「宗教改革」の実像を明かす。また親鸞その人の一生の営みが、大乗の仏道の真実性を証明するものであったことを、実証的歴史学の視点からあきらかにする。

目次
第1章 近代からの視点
第2章 世紀のおわり─南都の炎上
第3章 師・源空の至徳
第4章 念仏批判と停止
第5章 浄土真宗をひらく
第6章 教化の充実
終章 浄土真宗のコスモロジー
ISBN9784480320216
ヒット数454
作成日2010.07.27
更新日期2010.07.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371397

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ