サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
奈良.南都仏教の伝統と革新
著者 モース, サムエル・C.=Morse, Samuel Crowell ; 根本誠二=Nemoto, Seiji
出版年月日2010.05.20
ページ360
出版者勉誠出版
出版サイト http://www.bensey.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録日本文化における奈良仏教の意義とは何か─平安仏教は奈良仏教に対抗・凌駕するものとして成立したのか? 「伝統」としての奈良仏教は、どのように受容され、南都仏教へと変容していったのか? これまで消極的な評価がなされてきた奈良仏教を、日本文化の形成における画期として位置付け、その形成と継承のあり方を再考する。

目次
『三国仏法伝通縁起』・『元亨釈書』の描く歴史像-日本古代の三学受容をめぐって
八幡大菩薩成立の前提-皇統の転換と八幡神の転成
如宝と空海
平安初期天皇の政権交替と潅頂儀礼
「発願之力」と「慚愧心」-場面展開からみた『日本霊異記』の編纂意図
重源の三角五輪塔と寧波阿育王塔
忍性の「十種大願」について
法道と一乗寺
Mountain and Plain:Kinpusen and Kofukuji in the Early Middle Ages
The Invention of Tradition:The Kusha Mandara and Recovering the Past,Buddhist Painting at Todaiji before 1180
ISBN9784585210016
ヒット数317
作成日2010.07.28
更新日期2010.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371438

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ