サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
明鏡與風幡 -- 六祖壇經
著者 李志青 ; 李志青 ; 葛兆光 ; 釋惠能
出版年月日2010.04.19
ページ112
出版者大塊文化出版股份有限公司
出版サイト http://www.locuspublishing.com/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録在佛教中,所有被稱為「經」的書,都是印度的書,必須是佛說的才是「經」。但唯一有本由中國人講的,中國人編的也叫「經」,這就是《壇經》。葛兆光在講解《壇經》時,特別切入幾個重點。一是六祖惠能所代表的南宗,與神秀所代表的北宗之間的差異。神秀認為,每個人心都有可能是清淨的佛性,卻也跟明鏡一樣,避免不了外在灰塵的污染。所以需要採用傳統佛教所保持的一些修行方法,通過漸修來達到真理境界。但是惠能所代表的南宗認為,外在世界是虛幻的,這些都是因緣湊合的結果。所以你只要轉過身去,此岸就是彼岸。過去北宗認為,從此岸走到彼岸,要苦苦修行,走得非常辛苦。但是南宗回轉過來,認為原來此岸就是彼岸,人心就是佛心,於是當下解脫,所以惠能的說法,是一個頓悟之說,這就和北宗神秀的說法截然不同。在這一點上,北宗和南宗表面上看起來,只是一點點的差異,但是實際上差別非常大,二、從歷史學的角度看,《壇經》不同年代出現的版本字數有所不同,越晚出現的版本字數越多,可見我們現在看到的《壇經》除了惠能口述之外,也加上後人整理修訂的文字。三、禪宗的中心思想。最重要就是要瞭解,什麼是靜坐?什麼是空、無?什麼是直心、頓悟?為什麼要不立文字?
ISBN9789862131671 (平)
ヒット数285
作成日2010.07.28
更新日期2010.08.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371461

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ