サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鉛筆でなぞる蓮如さん
著者 木越祐馨=Kigoshi, Yukei
出版年月日2010.03.26
ページ89
出版者北国新聞社
出版サイト http://www.hokkoku.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録「御文(御文章)」は、蓮如が経典や宗祖親鸞(しんらん)の教えを門徒に宛(あ)てて分かりやすく記した手紙のことで、真宗王国と言われる北陸では現在も法事などで拝読される機会は多い。同書には「白骨の御文」など代表的な5通を収録、県書美術連盟常任理事の三藤観映(かんえい)さん=七尾市=が手本を書き、加能地域史研究会副代表の木越祐馨(ゆうけい)さん=輪島市=が現代語訳と解説などを担当した。手本を模して覚えることができるほか、僧侶による朗読が収録されたCDも付いており、書く、聴く、読むの3通りの使い方ができる。CDは、真宗大谷派信楽寺=金沢市=の安江俊堂(しゅんどう)住職と、浄土真宗本願寺派蓮光寺=射水市=の櫛本真隆(くしもとしんりゅう)住職による拝読の模様を収めた。

目次
「御文(御文章)」について胸に響く信心獲得の叫び(御文(御文章)とは
写与から法談へ
共感呼ぶ「オレ」
御文の目指したもの)
現代語訳で読んでみましょう
一文ずつ覚えましょう
まとめ-全部を通して書いてみましょう
ISBN9784833017411
ヒット数461
作成日2010.07.28
更新日期2010.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371478

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ