サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
海を渡る天台文化
著者 王勇=Wang, Yong ; 吉原浩人=Yoshihara, Hiroto
出版年月日2009.01.15
ページ444
出版者勉誠出版
出版サイト http://www.bensey.co.jp/index.html
出版地千代田, 日本 [Chiyoda, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート単行本
抄録東アジアの文化交流史を多角的に論及。信仰・典籍・思想・文章表現など、日本における天台文化の「受容」と「展開」の様相を考察する。

目次
序文/菅原信海
はじめに/吉原浩人
第一部 天台典籍の交流
天台入唐僧とブックロード─國清寺を舞台にした書物交流/王 勇
具平親王『弘決外典鈔』の方法/河野貴美子
十二世紀後末期の日本舶載大蔵経から奝然將來大蔵経をのぞむ/牧野和夫
『法華経顕応錄』をめぐって/李銘敬
『天台伝南嶽心要』付〔翻刻〕『天台伝南嶽心要』金剛寺本/後藤昭雄
第二部 天台思想の展開
平安初期天台宗の神仏習合思想─最澄と円珍を中心に /佐藤眞人
祈雨にみる成尋の東密修法への関心/水口幹記
栄西の入宋─栄西伝における密と禪/米田真理子
日本近世天台の時期區分(曽根原理)
第三部 天台文化と貴顕の文章表現
慶滋保胤勧學會詩序考─白居易との関連を中心に/吉原浩人
覚超と上東門院仮名願文/三橋正
『比叡山不斷経縁記』小考/七田麻美子
『後二條師通記』寛治五年「曲水宴」関連記事における唱和記錄─「劉公何必入天台」を始発として/中丸貴史
第四部 天台文化の地方への伝播
日本における天台宗の地方展開─慈覚伝説を手がかりとして/佐藤弘夫
『阿娑縛抄』を中心にみる中世天台教學/穴太西山流の伝播について/松本公一
延暦寺領近江國堅田荘の王孫意識/永井隆之
あとがき/王 勇

ISBN9784585032229
ヒット数460
作成日2010.08.04
更新日期2010.08.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371759

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ