サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教與人類所面臨的雙重挑戰=Buddhism and the Two-fold Challenges of the Human Being
著者 釋法光 (著)=Dhammajoti, Kuala Lumpur (au.) ; 賴寧欣 ; 釋滿和
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.58
出版年月日2010.07
ページ229 - 277
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese; 英文=English
ノート作者法光為斯里蘭卡可倫坡大學巴利文與佛教研修部資深講師;賴寧欣、滿和服務於佛光山國際佛教促進會
抄録不同於大多數的宗教,佛教以一個全新的角度,將注意力集中在人與其所面臨的困境。佛教以人為中心來探討他在世上的體驗。佛教摒棄人是受外界控制的思想;佛教對人所面對的困境之看法是未曾聽聞的。佛教採取務實與實際體驗的方式來看待人類面對的所有挑戰。簡略地說,此方式明確指出人的困境來自於自身的煩惱,也就是,人類已去人性化,脫離困境的唯一方法是找回自性。佛教修行的宗旨即在幫助人找回失去的本性,此修持法門會帶領人們逐漸走向自在、道德的生活。這樣的生活長養人道精神,進而在今生與來生自利利他,最終完全滅除所有困境。
目次一、前言 229
二、釋迦牟尼佛、其弟子與社會服務的關係 234
(一)佛陀
(二)佛陀的弟子
三、阿羅漢與菩薩精神 243
(一)阿羅漢精神
(二)菩薩精神
四、佛教基本教義的社會價值 253
五、達到涅槃二法門:法師的修持法門與在家信眾的修持法門 266
六、適宜現今社會的人道主義 270
七、結語 272
ISSN1609476X (P)
ヒット数461
作成日2010.08.06
更新日期2020.10.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371869

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ