サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
碧巌録の読み方
著者 西村恵信=Nishimura, Eshin
出版年月日2010.07.30
ページ266
出版者大法輪閣=Daihorin-Kaku
出版サイト http://www.daihorin-kaku.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート西村惠信〔ニシムラエシン〕,1933年、滋賀県生まれ。2歳のとき出家、臨済宗妙心寺派の僧籍に入る。花園大学仏教学部(禅学専攻)卒業後、南禅寺僧堂(柴山全慶老師)にて参禅修行。米国ペンデルヒル宗教研究所に留学(キリスト教研究)、京都大学大学院(宗教学専攻)博士課程修了。花園大学名誉教授(元学長)、文学博士。2005年より(財)禅文化研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
抄録禅とは何か?真実の自己とは何か?「宗門第一の書」として尊ばれ、また命を奪われると恐れられてきた禅の公案集!この難解なテキストを、抜群の現代語訳と各話を「自己の事」とする姿勢・解説で案内する。

目次
達磨の話(第一則)
徳山と〓(き)山の激突(第四則)
声前の一句(第七則)
答は問処にあり(第九則)
この酒糟喰らい奴(第十一則)
洞山の麻三斤(第十二則)
倶胝、一指を竪てる(第十九則)
雲門の体露金風(第二十七則)
定上座の佇立(第三十二則)
盤山の三界無法(第三十七則)〔ほか〕
ISBN9784804613062
ヒット数370
作成日2010.08.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
372310

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ