サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
橫川の光 -- 比叡山物語
著者 今出川行雲=Imadegawa, Gyoun ; 梅原猛=Umehara, Takeshi ; 梅原賢一郎=Umehara, Kenichiro ; 奧田昭則=Okuda, Akinori
出版年月日2010.06.05
ページ265
出版者角川学芸出版
出版サイト http://www.kadokawagakugei.com/
出版地千代田, 日本 [Chiyoda, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート単行本
抄録日本を代表する哲學者・梅原猛が、比叡山延暦寺について、仏教について、そして學問の道について語り合う。対談:今出川行雲(天台宗大僧正)、梅原賢一郎(京都造形芸術大學教授)。

目次
比叡との縁は深く(憧れの師だった
ヘーゲル読破のための山ごもり
比叡山三塔十六谷 -- 東塔、西塔、橫川
哲學から仏教に斬り込む
延暦寺の相談役
天台本覚思想と良源、元三大師
橫川を開いた円仁、恵覚大師
「橫川の僧都」こと源信、恵心僧都
能の思想の根底にある日本獨自の自然観
人づくりの教え -- 仏教とは仏になる教えである
「後戸の神」、摩多羅神
良寛のどこに惹かれるか
良寛百八十年忌
書と芸魂
親鸞、出雲神話、世阿彌、天台本覚思想)
日本仏教の母なる山で -- 天台宗大僧正 今出川行雲
あえて茨の道を往く -- 父と子、それぞれの學究心(伝來 の資質は何をか語らん
叡山・橫川で過ごした夏
父の口癖は「死んだほうがましや」
言葉で言い表せない世界に関心を
同じ道を歩む契機はどこに?
有名な父、闘爭的な父
ポレミックな姿勢の背景
奴隷の學問から脫しなくては…
「闇のパトス」をめぐって
『感覚のレッスン』、父の視點
獨創性という至上命令
梅原歴史學の根本にある「感情」
「感情」の父と、「感覚」の息子、その相違點
肉と解釈と
時の厚みの學び方
川端康成との共鳴、ともに背負いし哀しみ
「親鸞の苦悩を書かずには、僕は極楽に行けん」
道元への新しいアプローチ
囚われを捨てて
「最初に思った通りだったら、それは失敗」)
美とカミへの「穴」を求めて -- 美學者 梅原賢一郎
ISBN9784046214348
ヒット数451
作成日2010.08.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
372375

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ