サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
明末清初的思想與佛教
著者 荒木見悟 ; 廖肇亨=Liao, Chao-heng
出版年月日2010.06.01
ページ209
出版者上海古籍出版社
出版サイト http://www.guji.com.cn/gj/
出版地上海, 中國 [Shanghai, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード禪學=Study of Zen; 研究方法; 佛教; 佛; 中國佛教=Chinese Buddhism
抄録荒木先生的《我的學問觀》以華嚴學、禪學、朱子學、陽明學四支為中心。他的研究特色在要把儒、釋、道三教互相影響的關係客觀、正確地描寫出來,拋棄了以儒教為優先的教條主義,特別重視由高度理論與心理探求儒、佛間的對應和交涉,並由此一新角度看宋明理學,致力於發掘被埋沒的思想家。 本書將論集所收的八篇文章,分為三組,簡略地提出一些自己的感想與響應。頭兩篇:《氣學商兌——以王廷相為中心》、《郝敬的立場——兼論其氣學結構》成為一組。接著論趙大洲、李通玄在明代,毛稚黃與鄧豁渠的四篇文章又構成一組。最後,《中國佛教基本性格的演變》與《覺浪道盛初探》二文又構成一組。 【本書目錄】

目次
總序
劉序
作者中文版序
導論
氣學商兌——以王廷相為中心
郝敬的立場——兼論其氣學結構
趙大洲的思想
李通玄在明代
毛稚黃的格去物慾說
鄧豁渠的出現及其背景
中國佛教基本性格的演變
覺浪道盛初探
附錄
一、我的學問觀(張文朝譯)
二、荒木見悟教授年表
三、荒木見悟教授著作目錄
譯後記
索引
ISBN9787532555727
ヒット数681
作成日2010.09.03
更新日期2010.09.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
372482

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ